『本音で生きる』ブログ

自分で人生を創っていく人のためのブログです。

口に出さなくても感謝を伝える方法

 

少し前の話です。

たしか夕食の時だったと思います。

何かの話の流れで

『あんたは全然家のことをやってくれない!』

と母親から怒られました。

私は、『はぁ⁉︎やってるよ!そんな事言う方が信じられない!』

と怒りに任せて即座にいい返しました。


全く何もしていないならともかく、毎日やってる事があるし、頼まれたことも、出来る限りやっているのに、そんなこと言うなんて信じられない!と言う気持ちです。


基本的に私は怒りを溜め込みません。
特に家族とか近しい人の場合は、怒りを溜め込む方が後々恨みになる事が多いので、すぐさま外に出すようにしています。


理論的に話すとかはどうでもよくて、ただその言われたことにムカついているんだ!という気持ちを大事に言い返します。


普段そこまで怒ることがないので、たまに来るこんな怒りは発散するチャンスです。


もはや怒りは、私の中ではスポーツみたいなもので、その場で発散したらすぐ終わり、全く引き摺りません。

 

さて、そんなことがありました。
大事なのはここからです。


『母親は何でこんなことを言い出したのだろうか?』


怒りが出る反応は貴重なので、しっかり自分の内側を見つめる機会になります。


自分の外側に起こることは、自分の内側の投影です。何か原因があるに違いないと思い、自分の内側を掘り下げていきました。


きっと、何かが母親をそうさせているのです。


そこで自分の中を見つめて思い当たったのが、

『あ、私は普段母親がやってくれていることを当たり前だと思っている。全然感謝をしていなかった。』

ということでした。


私が言われて反射的に思ったのが、

『私もやっているのに、何でそんなこと言うの?』

でした。


でも、それ以上に母親がやってくれている事がありました。それを当たり前だと思い、無かったことにしていたのです。

母親からの『無視しないでよ!』という叫びだったのです。

 

私はこの気づきから、直接は言わなくても、心の中でたびたび感謝の気持ちを送るようになりました。

 

 


そうすると、母親の雰囲気がなんだか丸く、穏やかになっていきました。そういったことでケンカする事もなくなりました。


外側では何もしていないですが、私の気持ちが変わった事で、何かが変わったのだと思います。


もちろん感謝は直接伝えられる方が1番ですが、直接じゃ無くても伝わるものがあります。


近しい人だからこそ言いにくいことがあります。
でも、思いは口に出さなくても、毎日感謝の気持ちを送ったり、行動で表す事ができます。


最近になってもう一つ思ったのが


『私にも自分自身に対して、そんな無視をしている事が無かったのだろうか?』


ということでした。

その頃、いろいろチャレンジをしていて、外側にもっと何かを求めていました。


もしかすると、もっと内側を見てよ!という自分の声だっのかもしれません。

 

誰かの声は自分の内側の声の場合があります。特に引っ掛かることや、怒りや悲しみなどは、内面と向き合うチャンスです。